注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

中国語教室 紫籐苑

中国語でアジアへ!世界へ!

 
 
 
 
 

日志

 
 
关于我

人とのコミュニケーションが大好きで、日本人の友達にも中国語を教えています。  中国語を勉強したいなら、中国に興味が持っているなら、ご遠慮なくご連絡ください。私と一緒に勉強しましょう!

网易考拉推荐

端午にはなぜ粽(ちまき)を食べる?  

2011-05-31 15:09:29|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

旧暦五月五日、屈原は汨羅江に投身して死にました。楚の国の人は彼の死を悲しみ、竹筒に米を入れ水の中に投げ込み、かの詩人が蛟龍(洪水を起こすといわれる伝説の龍)に食べられないよう願いました。

その後、人々は米がバラバラにならないよう、楝(センダン)の葉で包み、色のついた糸で縛るようにしました。端午の日には各家庭で粽を包み、ある者は水に投げ込み、ある者は一家でこれを食べるようになりました。

魏晋時代に書かれた『風土記』の中には「仲夏端午,烹鶩角黍」とあります。南朝の呉でも『続斉諧記』の中に、屈原が河に身を投げた後、楚の人は彼の死を悼み、毎年端午に竹筒にもち米をつめて水に投げ入れて弔うのだとあります。

唐宋時代になると、粽は節日と民間の四季に市場に出る食品となりました。長安には粽を専門に作る店があり、その技術はかなりのものでした。当時の粽の餡には、すでに多種多様の果実の核(さね)があり、その味は黍米だけのものに比べ格段に美味しかったのです。宋代には「艾香粽子」というのがあり、これはヨモギの葉を米で包んだものです。 陸遊の「盤中共解青菰粽,哀甚將簪艾一枝」も「艾香粽子」のことを言っているのです。

明の弘治年間には、芦の葉で粽を包み、餡の種類も増えました。糖蜜、小豆、豚肉、松の実、ナツメなどです。清の乾隆年間になると、林蘭痴の『干β上三百吟』の中に「火腿粽子」(火腿=ハム)というのがありますが、このような粽は現在まで伝わっています。

現代の粽は浙江省嘉興県のものが最も有名です。粽を食べる風習は数千数百年の間衰えることがなかったばかりか、朝鮮や日本、ベトナムなどの国にも伝わっています。

  评论这张
 
阅读(50)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017