注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

中国語教室 紫籐苑

中国語でアジアへ!世界へ!

 
 
 
 
 

日志

 
 
关于我

人とのコミュニケーションが大好きで、日本人の友達にも中国語を教えています。  中国語を勉強したいなら、中国に興味が持っているなら、ご遠慮なくご連絡ください。私と一緒に勉強しましょう!

网易考拉推荐

死者の供養に紙のお金を焼く理由  

2011-05-31 15:27:39|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

中国では家族が亡くなった時、紙でできたお金を撒く風習があります。陳毅はその『梅嶺三章』という一組の詩の中で次のように詠んでいます。

「南國烽煙正十年,此頭須向國門懸。后死諸君多努力,捷報飛来當紙錢。」

また家族が死んだ後、「頭七」(初七日)、「三七」(第三週)、「五七」(第五週)、「七七」(四十九日)、「周年」(一回忌)などには、紙や紙で できたお金を焼きます。しかも焼くのは全て黄色い藁半紙ですが、これは人は死んでもあの世ではお金が必要で、黄色い紙を焼くことで死者はそれを知り、焼い たお金を受け取ることができると信じられているからです。

この風習のいわれには以下のような言い伝えがあります。

昔、龍文という造紙職人がいた。しかし彼の作る紙は品質が悪く全然売れない。ある日、妻は夫の龍 文が死んだと言って大声で泣きいた。そして一束一束の紙を火鉢の中で焼いた。近所の人々が奇妙に思い尋ねると、「夢枕で夫が、お金が要るから紙を焼いて 送ってくれ」と言ったからだと答えた。人々はこれを信じて皆まねをするようになり、龍文の家に残った悪質の紙はあっという間に売り切れた。もともとこれは 龍文が仕掛けた狂言で、彼は儲けた後にどこかへ高飛びしたが、紙を焼く風習はそれ以後広く伝わったのだそうだ。
  评论这张
 
阅读(66)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017