注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

中国語教室 紫籐苑

中国語でアジアへ!世界へ!

 
 
 
 
 

日志

 
 
关于我

人とのコミュニケーションが大好きで、日本人の友達にも中国語を教えています。  中国語を勉強したいなら、中国に興味が持っているなら、ご遠慮なくご連絡ください。私と一緒に勉強しましょう!

网易考拉推荐

元宵節にはなぜ提灯を飾る?  

2011-05-31 15:26:05|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

言い伝えでは、漢の武帝の頃、宮中に元宵という宮女がいました。彼女は非常に親孝行でした。ある年の十二月、連日の大雪で父母や幼い妹のことを心配 しましたが、家に帰ることができないため、ある吹雪の日に御花園の井戸に飛び込んで死のうとしました。そこへ東方朔という智恵の働く男が通りかかり、彼女 は助けられました。東方朔は元宵の悩み知って、何とか家族に会えるよう画策することを約束しました。

元宵と別れた東方朔は、まず西北の山上の元宵の家に行き、戻って来ると今度は占い師に扮して、占いに来た人の口を通じて、あるうわさを流しました。

「正月十六日に天上の火神が長安城を焼き払う」

武帝はそれを聞くとすぐに東方朔に方策を尋ねました。東方朔はわざと謎めかせてある一計を奉じました。それは、宮中の元宵に正月十五日に「湯元」 (白玉団子)を作らせ、皇帝が線香を供え、城内の市民の家々には色とりどりの提灯を飾る。そうして街中火事になったようにして玉帝を騙そう、同時に城外の 臣民には十六日の夜、城内に提灯見物に来させ、皇帝、皇后、宮女らも街に出かけて、人ごみにまぎれて安全を祈願しよう、というものでした。

その日になると、元宵の妹は父母を連れて長安に提灯見物に来て、「元宵」と書いた大宮灯を見て「元宵姉さん!」と叫びました。それを聞きつけた元宵は家族と再会を果たせました。十五日、十六日とも元宵は家族と一緒に過ごしてとても幸せだったとういうことです。

元宵が作った「湯元」は非常においしかったので、人々はこれを「元宵」と呼び、この日を「元宵節」と呼ぶようになりました。このようにして元宵節の提灯を飾る習慣が伝わったのだそうです。

  评论这张
 
阅读(58)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017