注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

中国語教室 紫籐苑

中国語でアジアへ!世界へ!

 
 
 
 
 

日志

 
 
关于我

人とのコミュニケーションが大好きで、日本人の友達にも中国語を教えています。  中国語を勉強したいなら、中国に興味が持っているなら、ご遠慮なくご連絡ください。私と一緒に勉強しましょう!

网易考拉推荐

大晦日に眠らないのはなぜ?  

2011-05-31 15:19:49|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

大晦日の「守歳」(眠らないで元旦を迎える)の習俗は、中国では数千年の歴史があります。

西晋の周處の『風土記』の中では「終夜不眠,以待天明,称曰守歳」。『東京夢華録』第十巻『除夕』では「是夜禁中爆竹山呼,聲聞於外。士遮之家,圍爐團坐,達旦不寐,謂之守歳」。

「守歳」の由来には、ある美しい伝説があります。

天神は毎年臘月三十(大晦日)の夜になると天門を開けて、下界の石や瓦礫を金銀に変えました。しかし拾った者は、必ずま ず室内に置き、外が明るくならないと戸を開けてはなりませんでした。そうしないと本当の財宝にはならないからです。ある兄弟が、ある年の大晦日の晩、部屋 の中で天門が開くのを待っていました。兄は欲深く、あらかじめ大きな石を家の戸口に運んでおきました。弟はただ静かに部屋で待っているだけでした。真夜 中、天門が開くと、あらゆる石ころや瓦礫が全て金銀に変わりました。兄は喜び狂って部屋中金銀になった石を積み上げました。弟も喜びましたが、ただ一篭部 屋に置いただけで戸を閉めました。兄はそこらじゅうの金銀を眺めながら、どうしても見せびらかしたい気持ちを抑え切れず、とうとう明るくなる前に戸を開け てしまいました。するとあっという間に金銀は全てもとの石ころに戻ってしまいました。弟は明るくなるまで待ってから戸を開け、一篭の本物の金銀を手に入れ ました。その後天神は欲深い人間がどんどん増えたのを見て、二度と天門を開かなくなりましたが、大晦日の「守歳」の習俗だけは現在まで残ったということで す。
  评论这张
 
阅读(47)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017