注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

中国語教室 紫籐苑

中国語でアジアへ!世界へ!

 
 
 
 
 

日志

 
 
关于我

人とのコミュニケーションが大好きで、日本人の友達にも中国語を教えています。  中国語を勉強したいなら、中国に興味が持っているなら、ご遠慮なくご連絡ください。私と一緒に勉強しましょう!

网易考拉推荐
GACHA精选

なぜ選挙の開票では「正」の字を使う?  

2011-05-31 14:54:23|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

民間の小規模の選挙などでは、「正」の字を書いて得票数を数えますが、このやり方は、昔「戯院」(劇場)の記帳係が付けた「水牌帳」に由来するそうです。

清代末、民国初め、上海では「戯園」のことを俗に茶園と呼びました。舞台は正方形で、2階は「花楼」、左右を「包廂」と呼びました。階下の正庁は大 官貴人などが予め予約しており、妻や妾などを連れて芝居を楽しみました。彼らは俗な庶民と一緒に混ざることはありませんでした。彼らの席の前には円卓が置 かれていましたが、身分の低い人々の席の前は長椅子に長卓でした。客はお茶を飲みながら芝居を楽しんだのです。

当時の劇場には切符などなく、「案目」(座席の世話係)が入口で客引きをし、5人入ると記帳係が「水牌帳」(黒板のようなもの)に「正」の字を書き 付け、その「案目」の名前を併記しておき、しばらくして「案目」が計算をしてお金の回収しました。芝居がはけた時にはきっちり帳尻があっていました。

この方法は「戯院」で切符制が実施されるようになって無くなりましたが、簡単で分かりやすく、大勢の人が監督しやすい記数方法として民間で流行し、後に選挙で使われるようになったそうです。

  评论这张
 
阅读(47)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017