注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

中国語教室 紫籐苑

中国語でアジアへ!世界へ!

 
 
 
 
 

日志

 
 
关于我

人とのコミュニケーションが大好きで、日本人の友達にも中国語を教えています。  中国語を勉強したいなら、中国に興味が持っているなら、ご遠慮なくご連絡ください。私と一緒に勉強しましょう!

网易考拉推荐

デパートはなぜ「百貨商店」?  

2011-05-31 14:48:15|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

中国語の一つの特徴は、数字を使った言葉に、普通特定の数の意味がないというこどです。例えば「三、六、九」「百、千、万」など一つの数字は、「数が多い」ということを表すのみで、「三」は必ずしも「3」ではなく、「百」もただ「100」を表すのではないということです。

現在の総合大型商店のことを、一般に「百貨商店」と呼びますが、そこの品物は百種どころではありません。なぜこういう呼び方をするのかといえば、それは習慣に過ぎません。では、この習慣はどこから来たのでしょう?

一説によると、清朝乾隆年間、南中国に一軒の雑貨屋がありました。商売は繁盛し、店の品の種類もそろっていて、主人は自分の店に「萬貨全」と名付けました。

ある日、乾隆帝がひそかに南方に出向いた時、この看板を見、ここの店主は風呂敷きが大きいのではと思い、わざとからかってやろうと思いました。彼は店に入り番頭に

「糞叉子(家畜の糞を突刺す道具)をくれ」

と言いました。番頭は即座に何本が出してきました。しかし乾隆帝は

「鉄のは要らない。金のが欲しいのだ」

番頭はこれは手に負えないと思い、主人を呼んで来ました。店主はただ

「手前どもの店には金の糞叉はございません」

と事実を言うしかありません。

「おまえの店は“萬貨全”というのではないのか?」

店主はとたんに言葉を失い、急いで番頭に看板をおろさせてからいいました。

「手前どもの品には限りがございますゆえ、今後“萬貨全”などとは申しません。お客さまに何か良い屋号を付けて頂きたく存じます」

乾隆帝は即座に「それなら“百貨全”はどうだ」

まもなくそれが伝わり、以後百貨店という名称は多くの商家に使われるようになったということです。

  评论这张
 
阅读(36)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017