注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

中国語教室 紫籐苑

中国語でアジアへ!世界へ!

 
 
 
 
 

日志

 
 
关于我

人とのコミュニケーションが大好きで、日本人の友達にも中国語を教えています。  中国語を勉強したいなら、中国に興味が持っているなら、ご遠慮なくご連絡ください。私と一緒に勉強しましょう!

网易考拉推荐

歌うような中国語はナチュラルじゃない―その1―  

2011-05-31 13:03:38|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |
Photobucket  これまでのコラムで何度か、日本人にとって難しい発音の克服方法をご紹介してきましたが、今回は声調についてのお話です。

   中国語をはじめ、東南アジアの言語に見られる「声調」ですが、日本人にとってはまったくなじみのない概念です。日本語でも、ひとつの単語や文のなかで音の トーンを上げ下げするイントネーションやアクセントというものが存在しますが、中国語ではひとつひとつの音節において音の高低が変化します。おまけに、こ れを誤ると意味が通じないときているわけですから、慣れるまでは相当に手こずるシステムです。会話をしながら頭の中に楽譜のようなものを描き、それに沿っ て音を上げたり下げたりしていると、まるで話をしているというよりは歌を歌っているような気分にすらなります。

   頭の中に「声調楽譜」を描かずとも自然に会話ができるようになるまで、筆者も相当な時間を費やしました。しかも、学習を進める中で、この「声調楽譜」は万 能ではないのだということにも気づきました。教科書で習う通りの声調を一言一句たがわずに再現しても、実はネイティブらしい話し方は身につかないのです。
Photobucket
   「あなたの話し方にはフラットさが足りない。声がやたらに上下するんだもの。自然に聞こえないわ」筆者はある日、知り合いの中国人にこう指摘されました。

   彼女の発言は、筆者にとってなかなかの衝撃でした。中国語は「声調」こそが命なのではないのか?上がったり、下がったり、平らだったり…これらを正確に発声するのがルールではないのではないのか?ましてや、“フラットに”話したら意味が通じないではないか???

   しかし、ネイティブスピーカーの話し方によく耳を傾けてみてください。実は、彼らは必ずしも一音一音にはっきりと声調をつけ、歌うように話しているわけではないのです(次回へ続く)。
  评论这张
 
阅读(53)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017